場所嗜好性試験 CPP test/明暗試験 – 有限会社メルクエスト

製品情報:行動解析

行動解析場所嗜好性試験 CPP test/明暗試験

製品の特長

抗不安作用の評価に用いるLight/Dark Test (明暗試験)に

グリッド付きマウス用明暗ケージ(明暗箱) LDK-M行動解析装置『SCANET-40』に明暗試験専用ケージを設置し、それぞれの箱での滞在時間を測定します。マウス/ラットは暗箱を好みますが、抗不安薬の投与で明箱への恐怖が低下し、明箱での滞在時間や運動量、明暗箱間の移動回数の増加が観察されます。

明暗ケージは赤外線ビームを通す材質を採用しています

グリッド付きマウス用明暗ケージ(明暗箱) LDK-M写真はマウス用明暗ケージです。明暗ケージはメルクエスト製行動解析装置SCANETのLDモード実験用オプションとして販売しております。そのため、黒いほうのボックスも、赤外線ビームは通す材質で作られています。もちろん、SCANETがなくても明暗箱として使用可能です。

依存性の評価(CPP test= Conditioned place preference test = 条件づけ場所嗜好性試験)に

LDモードの説明上はSCANETに明暗箱(明暗ケージ)設置したイメージ図です。マウス/ラットは依存性のある薬物に条件付けられた箱を好むようになり、滞在時間が増加します。『SCANET-40』に基本搭載のLDモードを使用すると、それぞれの箱での運動量と立ち上がり行動の回数を測定できます。

本装置を使った論文についてはこちらから>>

 明暗試験やCPP test(条件づけ場所嗜好試験)に必要な機器は?

☑行動解析装置SCANET MV-40
☑ ソフトウェア SCL-40  ※LDモードは基本搭載モードです
☑ 明暗ケージ
が必要です。明暗ケージはマウス用、ラット用それぞれに「グリッド付」あるいは 「グリッドなし」をご用意しております。

仕様

【グリッド付マウス用明暗ケージ】
型式:LDK-M
居室部外寸:300(w)×150(d)×150(h) mm
最大外寸:390(w)×230(d)×240(h) mm
【グリッド付ラット用明暗ケージ】
型式:LDK-R
居室部外寸:450(w)×270(d)×260(h) mm
最大外寸:550(w)×340(d)×350(h) mm
※材質:アクリル透明、可視光カットフィルタ、 アルミ板、ステンレスグリッド、 黒塩ビ(トレー)

【グリッドなしマウス用明暗ケージ】
型式:LD-M
居室部外寸:300(w)×150(d)×150(h)mm
【グリッドなしラット用明暗ケージ】
型式:LD-R
居室部外寸:450(w)×270(d)×260(h)mm
※アクリル透明、可視光カットフィルタ