強制水泳試験 強制水泳実験用ケージ – 有限会社メルクエスト

製品情報:行動解析

行動解析強制水泳試験 強制水泳実験用ケージ

製品の特長

抗うつスクリーニングに
強制水泳(Forced Swimming)はうつ病の絶望モデルとして知られており、抗うつ薬の投与により無動時間が短縮することから抗うつ薬のスクリーニングに使われています。
マウスの尾が底に届かない程度の深さまで水を入れた円筒形の容器にマウスを入れ、泳いで移動している時間(距離)と無動の時間を計測します。うつ傾向が高いマウスでは無動時間が長く、移動距離も短くなります。抗うつ薬を投与すると無動時間が減少します。

強制水泳試験に必要な機器は?

☑ 行動解析装置SCANET MV-40
☑ ソフトウェア SCL-40 (基本搭載のAQモードを使用)
☑ 強制水泳実験用ケージ(マウス専用)
☑ AQキット(専用トレイ、高さ調整ブロックを含む)
以上を使用し、水を満たしたケージ内でのマウスの運動時間と運動量の測定をおこないます。SCANET MV-40についてはこちらから>>

強制水泳ケージ2個使いで、効率よく実験ができる

SCANET AQ試験メルクエスト製行動解析装置 『SCANET MV-40』には最大2個のケージを設置することができます。ケージは1個から販売しています。

仕様

【強制水泳用ボックス】
型式:AB-M001
AQモード専用ケージ(マウス用)
外寸:225(w)x 225(d) x 225(h) mm
内寸:φ140 x 225(h) mm
透明アクリル、可視光カットフィルタ
【AQキット】
AQKIT トレイ、高さ調整ブロック