社会的敗北ストレス試験 SDSモード – 有限会社メルクエスト

製品情報:行動解析

行動解析学習・記憶・行動科学社会的敗北ストレス試験 SDSモード

製品の特長

うつ病のモデル実験として、海外でも広く用いられている社会的敗北ストレスによる社会性行動試験を行うための装置です。

社会的敗北ストレス試験では、マウスをより大きなマウスのいるケージで共存させることにより、社会的回避(引きこもり)や快感消失などの抑うつ関連行動をおこさせます。大きなマウスからストレスを与えられた後のマウスの行動を測定します。

SDS(ソーシャルディフィートストレス)モードは、行動解析装置SCANETに新たに登場したモードです。既にSCANETを導入されていらっしゃる方の場合、社会性行動試験による評価が、モード追加のみで容易に且つ客観的に実施できます。
SCANET詳細についてはこちらから>>

システム構成

・SCANET MV-40(SDSモード付)
・ソフトウェア(専用ノートPC付)
・ケージ(組立式ケージ、SDS用ケージ)
SCANET MV-40詳細についてはこちらから>>