行動解析装置 SCANET-40シリーズ – 有限会社メルクエスト

製品情報:行動解析

行動解析運動量測定行動解析装置 SCANET-40シリーズ

製品の特長

メルクエストのロングセラー製品!
高密度に配置した赤外線センサーを用いてマウス・ラットの行動解析を行う装置です。1台の装置で、自発運動量、薬物依存作用や抗不安、学習記憶テスト、抗うつスクリーニングテスト、恐怖条件付け実験など10個以上の実験モードに対応しているため、実験毎に測定装置を買い揃える必要がありません。
発売から20年以上、多くの研究室で使われており、論文も多数発表されています。

SCANETの論文はこちらから>>

高精度な行動解析システムをお求めの方におすすめ
✓ 赤外線ビームセンサーの高密度配置!
※SCANET MV-40は6mm間隔の配置
✓ ビーム遮蔽数を採用。カウント値定義が明確!
✓ 感度設定が不要!
✓ 感度バラツキがなく、場所による感度差なし!
✓ 行動軌跡を描画します!

基本搭載モード

メルクエストのSCANETは自発運動量、薬物依存作用や抗不安、学習記憶テスト、抗うつスクリーニングテストなどのモードが標準で装備されており、実験毎に測定装置を変える必要がありません!

MOVEモードで運動量測定・行動軌跡描画
行動軌跡の描画、運動量(移動距離に比例したカウント数、枠設定で2種類)、立ち上がり回数のデータを取得します

【写真】SCANET MV-40に専用ケージ(組立式ケージ 別売り)を設置。

AQモードで強制水泳試験
遊泳時間、運動量、遊泳開始回数のデータを取得します。MV-40ではA,Bエリアに分割して それぞれ測定。マウス2匹分のデータを同時に計測でき、 実験効率があがります。 強制水泳ケージについて、詳細はこちらから>>

抗うつスクリーニングに

【写真】SCANET MV-40に強制水泳試験専用のケージ2個(別売り)を設置。強制水泳ボックス、トレイを使用し、無動時間を計測します。

LDモード で明暗試験(居室選択試験)
 明箱、暗箱それぞれのボックスでの運動量、滞在時間、部屋移動数を計測します。

グリッド付きマウス用明暗ケージ(明暗箱) LDK-M【写真】SCANET MV-40に専用ケージ(明暗ケージ 別売り)を設置。明暗ケージについて、詳細はこちらから>>

オプションモード

各種実験に応じたモードをご用意しております。PCからモードの切換えが可能です。

仕様

外寸およびセンサ間隔:
・MV-40(正方形タイプ) 約 560(w) x 560(d) x 330(h) 間隔6 mm
・CV-40(長方形タイプ)約 560(w) x 380(d) x 330(h) 間隔6 mm
・SV-40(長方形小型タイプ) 290(w) x 400(d) x 180(h) 間隔5 mm
サンプリングレート: 10/秒
表示部 LCD: カウント表示20文字x2行
操作部: キースイッチ
出力データ: 運動量2種、立ち上がり回数(Moveモード) ※下記モードの概要参照
通信: TCP/IP
電源 :AC85-264V 50/60Hz
消費電力: max 10VA
本体外形寸法(サイドプレート含む):
重量: 約 5-7 kg(センサ部2個含む)
構成: ベース本体、位置センサ、立ち上がりセンサ※1
付属品: 電源ケーブル、センサケーブル、 サイドプレート、センサ固定ノブ

※1) 立ち上がりセンサはオプションですが、AQモードとDoubleモード及び立ち上がり回数の測定には必須となります。
Doubleモードではそれぞれのセンサを別々のチャンネルとして使用し、1台で2チャンネル分の運動量測定が可能となります。 専用のセンサケーブルとセンサ固定用の台(空のベース)等が別途必要になります。

その他オプション品

【自動測定プログラム SCL-40】 SCANET制御用ソフトウェアCD版 対応OS:Windows XP、Windwos 7、8、10
【通信ケーブル】 LANケーブル(ストレート)、スイッチングハブ
【データ取得装置】 Windows XP、Windwos 7、8、10
【組立式ケージMVK、SVK、CVK】 SCANET専用ケージ 組立式(分解可能)
【明暗ケージLDK-M、LD-M、LDK-R、LD-R 】LDモード専用ケージ 
【強制水泳用ボックスAB-M001 】AQモード専用ケージ
【TWモード用ケージ TWK】 TWモード専用ケージ
【FCシステム】 FCモード