時間給餌制限装置 FDB-300/FDL-8D – 有限会社メルクエスト

製品情報:給餌制限・摂餌量測定

給餌制限・摂餌量測定時間給餌制限装置 FDB-300/FDL-8D

製品の特長

・実験動物用の給餌制限装置です。毎日決まった時間に給餌することが可能になります。
・グループ分け、個別制御など自在にコントロールすることができます。
・給餌制限機構を組み込んだ天板を飼育ケージに載せるだけで使用できます。
・餌箱は上に抜くことができ、簡単に重量を量ることができます。
・餌箱は大容量で複数匹マウス飼育可能。
・滅菌仕様は安心のオートクレーブ対応(高圧蒸気滅菌 121℃ 20分)。
・コントローラー(FDL-8D)で、複数ケージの個別制御に対応。
・ソフトウェアで制限の設定と現在のシャッター開閉状態を表示。また、全シャッターの動作を個別にプログラム可能(ソフトウェアはオプション)。
・餌箱が2個の時間給餌制限装置(FDB-300W)もございます。FDB-300Wはこちらから>>

▲ ソフトウェア(ノートPC付)SH-Manager120PCB 運転時画面例

仕様

【制限コントローラー 】
型式:FDL-8D
外寸:260(w) x 280(d) x 90(h) mm
制御シャッター数:8台
通信機能:TCP/IP
ソフトウェア:SH-Manager120を使用すると、120台制御可能
電源:AC85~264V 50/60Hz

【給餌制限機能付飼育ケージ】
型式:FDB-300
外寸:225(w) x 325(d) x 210(h) mm
適用動物:マウス5匹程度
餌箱容量:250g MAX(固形餌)
洗浄・滅菌:オートクレーブ可能