摂餌制限機能付摂餌量測定装置ドリンクセンサー・活動度センサー付 – 有限会社メルクエスト

製品情報:給餌制限・摂餌量測定

給餌制限・摂餌量測定摂餌制限機能付摂餌量測定装置ドリンクセンサー・活動度センサー付

製品の特長

【特許取得済み】

「摂食量」、「飲水量」、「活動度」の、同期的変化を測定
「摂食量」、「飲水量」、「活動度」を長期間にわたって自動測定・収録することにより、概日リズム発現の、いくつかの要因間の同期性を長期間、連続的に研究することを可能にします。

コントローラー別置きで省スペースを実現
高さ制限のある、個別飼育装置・飼育棚に設置が可能です。さらに、コントローラー別置きにより、テレメトリーシステムと併用できます(但し、信号処理は別PC使用)。

ペアフィード実験ができるソフトウェアを用意
マスターの摂食時間と摂食量にスレーブのそれを追従させると、多個体の体内環境を一致させるペアフィード実験が可能になります。

固形餌・粉末餌、特殊成分の餌も使用可能
概日リズムを発現させる遺伝子は、摂取栄養成分の影響を受けています。そのような要因の研究にとって、本システムでは餌箱ごとに重量を測定しますので、餌の硬さや形状をといません。食べこぼしはなく、極めて正確に測れますので、様々な成分の餌を用いることができます。

Feedamシリーズの基本機能はそのままに
・糞の混入や餌の食べこぼしによる誤差を最小限に防ぐ構造です。
・電動式シャッターにより設定した時間に摂餌を制限することが可能です。
・設定した摂餌量に達したら自動でシャッターを閉じることが可能です。

システム構成

・マウス用、ラット用ケージ
・コントローラー cFDM-CTL
・ソフトウェア Feedam/Feedam-PF
・活動度センサー AS-10
・ドリンクセンサー DS-30
ドリンクセンサーについてはこちらから>>
ソフトウェアについてはこちらから>>

仕様

【マウス用摂餌制限機能付摂餌量測定装置】
居室部サイズ:135 (w) × 190 (d) × 160 (h) mm
外寸:220 (w) × 300 (d) × 220 (h) mm ※シャッター、ボトル、餌箱、ベース含む

【ラット用摂餌制限機能付摂餌量測定装置】
居室部サイズ: 235 (w) × 335 (d) × 200 (h) mm
外寸:330 (w) x 450 (d) x 275 (h) mm※シャッター、ボトル、餌箱、ベース含む

【共通仕様】
コントローラー外寸:160 (w) x 235 (d) x 70 (h) mm
摂餌量計測制度:0.1 g
適応飼料:固形飼料、粉餌、高脂肪食 各専用餌箱
摂食制限:電動シャッターにて、プログラム制御

【ソフトウェア】
制御台数:100台
適用PC:Windows 10
取得データ:設定インターバル時間の摂餌量、飲水量、活動回数
演算データ:1 日、各給餌時間の摂食量、その他回数
摂餌制御内容 :設定時間、及び設定摂餌量にて電動シャッター制御
ペアフィード:Feedam-PF にて可能
付属品:LAN用HUB、PCとHUB間LANケーブル
ソフトウェアについてはこちらから>>