シリンジポンプ – 有限会社メルクエスト

よくある質問:シリンジポンプ

QPC制御でどのようなことができますか

A

設定された速度で動いて止まる、あるいは、速度を変化させながら注入する、などのプログラム機能の高度な使い方が可能になります。
プログラミング自体は本体操作でも行えますが、ステップ数が多くなると設定に時間もかかりますので、PC及びソフトウェアを用いることをお勧めします。

Q外部制御でどのようなことができますか

A

本体操作面に、スタート・ストップボタン、及び早送りボタンがありますが、これらの機能は、本体側面についている外部入力に手動ボタンスイッチ、あるいは他の装置からの信号を接続することにより、同様に発揮させることができます。

Q連続注入タイプはどのようなものですか

A

FP−1500が該当します。この機種には、電磁弁を制御する機能がついており、シリンジを押す方向に動くときと逆に動く時とで、電磁弁の方向が切り替わることにより、ラインの流路を切り替えます。
これにより、シリンジ内の液体が少なくなった時に、電磁弁をリザーバ容器の方に切り替えて吸引することができ、液体を補充し終えたら、電磁弁を元の位置に戻し、再び注入を開始することができます。
大変に低価格な、精密連続注入ポンプです。

Qどんなシリンジが使用できますか

A

主にプラスチックディスポシリンジですが、内径データとして、ガラス製マイクロシリンジのデータも入っています。
シリンジメーカーとシリンジサイズを読みだすと、設定注入速度に応じて、自動的にシリンジを押す速さを計算します。

Qプログラマブルとはどのような機能ですか

A

注入速度・時間などを予め設定して自動的に作動させる機能です。
注入する薬液の量を時間と共に変化させたい場合などに適しています。

Qどういう用途で用いられていますか

A

機種により異なりますが、動物への薬液注入、各種リアクターへの薬液注入が主な用途です。